40代後半以降の方必見!介護の仕事に転職する方のために知っておきたいこと

「もう50歳を過ぎてるから転職が難しい…でも、介護の仕事なら人材不足だと聞いたしやってみようかな。」と思っていませんか?

不況の煽りを受けて退職をせざるをえなくなったり、親を介護するようになり介護の仕事を興味を持つようになった等の理由から中高年と呼ばれる40代以降の年齢の方でも介護職に転職する方がたくさんいらっしゃいます。

でも、一般的には40歳を過ぎると転職が難しいといわれています。

では、なぜ介護職は中高年でも転職に成功する人がたくさんいるのか?その理由を詳しくご紹介します。

また、中高年が介護の仕事に転職するメリットやデメリットもお伝えします。本気で介護職に転職したい方は参考にしてください。

50代の男性

40代、50代が介護の仕事に転職するメリット

転職してよかったこと、後悔していること、人それぞれあると思います。
中高年の方たちが介護の仕事に転職することのメリットについて、実際に転職した方の体験談や体験談をもとにご紹介します。

未経験でも転職しやすい業界

40代後半、50代になって介護の仕事に転職する最大のメリットは、未経験でも仕事に就ける可能性が高いということでしょう。

例えば、営業なら50代ともなると管理する側にいなければなりません。営業の能力はもちろん、チームをまとめる 管理能力がないと転職は難しいでしょう。

同業種での転職も年齢を重ねるごとにチャンスは少なくなりますが、異業種への転職となればさらに難しくなります。

一方介護業界は、深刻的な人材不足です。現場の人間が慢性的に不足しているので、政府も助成金事業を行い、お金をかけずに資格が取れるようなプログラムを始めており、介護業界の人材育成に力をれています。

ハローワークでの求職者が介護の仕事を就くことを支援する制度もありますし、未経験者、無資格者でも積極的に人材を雇用しようという仕組みが整っています。

もちろん、年齢が若い人のほうが有利です。それは、介護の業界でも同じです。

ただし、介護の仕事は特別な資格がなくても始められます。また、親の介護を経験した中高年の方であれば、異業種からの転職であっても、介護の経験をプラス材料と考えてくれる企業も少なくありません。

以上のことから、中高年、さらに未経験でも転職しやすい業界だということがお分かりいただけたかと思います。

無資格でも働きながら資格が取れる

介護の仕事の求人を一度でも見たことがある方なら、お気づきだと思います。介護の仕事は未経験でも転職しやすいと紹介しましたが、無資格でも求人数がたくさんあります。

介護の資格は、介護職員初任者研修、実務者研修、介護福祉士、ケアマネージャーなどがあります。介護の入門編となる介護職員初任者研修の資格さえも必須条件となっていない求人があります。

また、無資格でも仕事をしながら介護職員初任者研修の取得をサポートする会社が増えてきています。資格取得費用を全額負担してくれるだけでなく、学校に通っている時間も勤務とみなして給与に反映してくれる会社もあります。

40代、50代が介護の仕事に転職するデメリット

続いては、介護職に転職するデメリットについてご紹介します。
デメリットは人によってはデメリットと感じない場合もありますので、参考程度にしてください。

平均年収より収入が低い

介護の仕事は総じて、給与が平均水準を下回ることが多いです。平均月収は20万円ほどになります。

ですが、転職して年収が下がるのは介護の仕事だけではありません。

異業種からの転職する場合は20代、30代でも年収は下がるのが一般的です。転職後に望むような給与は得られないことは覚悟しておくべきです。

介護士で高収入を目指すのは現実的ではありませんが、未経験で介護の仕事に就き、介護福祉士やケアマネージャーなどの資格を取得し、収入の良い施設に転職するという方法もあります。

年収が低いから転職を諦めるのではなく、一般的な給与を得るにはどのような経験をしてどのような能力が必要なのか知っておきましょう。

人間関係で悩む人が多い

介護の仕事は女性が中心です。

上司も女性、同僚も女性が多い職場で働いた経験がない方はデメリットと感じる方もいらっしゃると思います。

とくに50代の男性なら、99%年下です。年下の女性から指示されたり、一緒に仕事をすることに抵抗がある場合は 転職には不向きです。肩身の狭い思いをすることがあるかもしれません。

女性との人間関係がうまくいかずに退職する方もいるくらいですので、女性が多い職場になれなていない方は 女性との仕事の進め方や付き合い方について多少は意識する必要がありますね。

また、介護の仕事は無資格、未経験でも働きやすい業界ですので、日本語があまり達者ではない外国籍の方、日系外国人の方も多く働かれています。言葉、文化が違う環境での人間関係もときにストレスに感じることもあるでしょう。

体力勝負の仕事が多い

介護の仕事は体力勝負です。

40代、50代になると体力が衰えてくる年齢ですが、それでも夜勤をやったり、利用者さんの移動などで体を酷使して働くことになるでしょう。

体力がないと続きません。健康面、体力面に不安がある方は、介護の仕事は厳しいかもしれません。

50代男性介護士の平均年収とは?

介護職に転職しやすいことは分かった。でも、実際はどのくらいもらえるの?と思っているかもしれません。そんなあなたのために、50代男性介護士の平均年収を調べてみました。

でも、残念ながら50代男性の平均年収のデータは見つけることはできませんでした。参考となるデータとして介護士の平均年収は約280万円で、月収だと約20万円という統計がありました。

ただし、上記の数字は介護福祉士の資格を持っている方の年収ですから、未経験で50代で転職した方の平均年収はもっと低くなります。

未経験で異業種から転職した方の口コミや体験談を探してみましたところ、フルタイムで働いて約10~15万円というのが平均値のようです。年収にすると約200万円ほどになります。

いかがでしょうか。給料が安くてとてもじゃないがやってられないと思った方は、介護の仕事に転職しないほうがいいでしょう。

年収が低くても転職される方は、共働きのケースがほとんどです。

厳しいことを言うようですが、中高年が異業種の転職で月収30万円をもらおうと考えることが現実的ではありません。

介護士として年収400万円以上稼ぐ方もたしかに数多くいるのは事実ですが、はじめから高望みしていると転職してもすぐに辞めることになる可能性が高いです。

まずは、どのくらいの収入が見込めるのかを知り、それでもやってみたいと思える方が挑戦する仕事ではないでしょうか。

どんな仕事に就けるの?

介護の仕事といっても、様々あります。

介護職員初任者研修を取得しているのであれば、施設、自宅のどちらでも仕事に就けるでしょう。

ただし、50代の男性の場合は、施設であれば体力的にきつい認知症棟の介護ヘルパー、自宅なら運転手兼ヘルパーなどの業務を担当することが多いです。

また、無資格、未経験の場合は、有料老人ホームでの仕事からスタートとなるケースが多いです。

転職を成功させるには

中高年が転職を成功させるには、ハローワークの職業訓練で資格を取り就業するのが一番成功する確率が高いです。

ですが、ハローワークの初任者研修講座の競争率は異常に高く、参加できる方は限られています。地域によって差はあるでしょうが、基本的にハローワーク経由での就業は誰でも参加できるわけではないということは覚えておきましょう。

では、もっとも転職に適した方法をご紹介します。それは、就業サポートのある学校で初任者研修を取ることです。

このページでは、無資格・未経験でも求人があることをお伝えしてきました。ですが、求人は首都圏に集中していることもあり、地方の方には不利になる可能性があります。

また、転職エージェントを活用した求人サイトは、中高年で無資格・未経験の場合では不利です。転職エージェントは、転職に成功する可能性のある方しか取り扱ってくれない、というところがほとんどだからです。ですから、求人があるとしても、正社員の雇用は厳しいと思います。

上記の理由から、初任者研修を取り、資格を取った学校(法人)が運営する施設でそのまま働いたほうが確率は高いです。

また、受講料は講座申し込み時に支払うものの、指定の就業先で働けば全額キャッシュバックする学校も多いです。ですので、受講料は実質無料となるので、金銭的なリスクは少ないです。

まとめ

介護業界未経験、無資格の方でも、介護の仕事に転職することができるのは、 人材が不足していることが最大の要因になっています。

東京都のトライアル雇用をはじめ、介護職員の人材の育成には国を挙げて力を入れていることも中高年が転職しやすい要因の一つです。

介護の仕事に興味を持っている方は、やってみたいと思ったら早めに行動しましょう。介護業界では、経験が実績となり上級資格の取得にも有利になります。

介護士

住所など必要事項を記入するだけで複数のスクールの資料を一括で取り寄せることができます。

働きながら通えるや夜間や土日コースを開催しているスクールを探している方は、ぜひ活用してみてください。

このサイトから資料請求を行うことで、公式ホームページから申し込むより半額以上安くなることがあります。初任者研修を安い費用で取りたい方に人気のサイトとなっています。

このページの先頭へ