介護の仕事に就きたいけど不安な方へ!求人に応募する際の注意点とは

「これから介護の仕事に就きたいけど、資格がないから応募できないかな…」、「未経験で応募できる求人はある?」とお悩みではありませんか?

このページでは、介護業界で働いたことがない、または介護の資格を取っていない方でも応募が可能な求人のメリットとデメリットを中心にご案内しています。

資格を取ってから介護の仕事に就いたほうがいいのか、それとも、介護職員初任者研修を取得してから仕事に就いたほうがいいのか迷っている方は参考になさってください。

履歴書

そもそも未経験でもOKの求人はあるの?

結論からいいますと、介護業界未経験で無資格の方が応募できる求人はあります。

なぜ、無資格でも企業は人材を確保したいのかといいますと、介護業界の人材不足が最大の理由です。厚生労働省が発表したデータによると2025年には38万人の人材不足に陥るそうです。

また、少子高齢化が進んでいるのに、介護の離職率が高いことも人材が不足している原因ですね。このような状況から、国をあげて介護業界の人材を集めよう、育成しようと働きかけています。

東京都では、「平成28年度東京都トライアル雇用事業」が始まりました。東京都の取り組みで、求職者が働きながら費用負担なしで介護職員初任者研修の資格が取れるプログラムです。このプログラムが始まってから東京都の介護の求人には、無資格・未経験の求人の応募が急増しました。

このような状況から介護施設を運営する企業の多くが無資格、未経験でも積極的に人材を集めたいため、求人はたくさんあります。また、今後も求人が少なくなる可能性は極めて低いと考えられます。

未経験、無資格の求人に応募するメリット

それでは、未経験で無資格の方が求人に応募する際のメリットを具体的にお伝えしていきます。メリットは以下の3つが挙げられます。

無料で資格が取れる

介護職員初任者研修を取ろうと思ったら、大手の学校なら受講費が10万円以上かかります。 ですが、未経験で働きながら資格を取れば、受講費を全て会社が負担してくれるので、受講費は無料です。

介護職員初任者研修が取得できる学校では、受講後スクールが運営する施設で働くと受講料を全額キャッシュバックしてくれるところが多いのですが、受講料をはじめに振り込む負担があります。

働きながら資格を取る場合は、自己負担が全くないので同じ無料でもキャッシュバックよりも嬉しいですよね。

スクールに通学中も給与が支給される

初任者研修は130時間の学習が義務付けられています。毎日朝から夕方まで勉強して、最短1ヶ月で取れるような資格です。

130時間の通学中も給与が支給される場合があります。時給1000円だとしたら、仕事をしない時間に13万円も支給されることになります。

働きながら資格を取れるメリットは、給与をもらいながら資格を取れることですね。

介護福祉士の受験資格が早く得られる

介護福祉士になるためには、3年間の実務経験が必要となります。無資格のまま現場でいち早く働きはじめることで、3年間の受講期間を早く終えることが可能になります。

さらに初任者研修が取れますので、3年間の実務経験と実務者研修を取れば、介護福祉士やケアマネージャーといった資格にキャリアアップすることができます。

これから介護の仕事を長く続けたい、あるいは管理職になって給料アップを目指したいという方は、なるべく早く実務経験を積んだほうがいいでしょう。

未経験、無資格の求人に応募するデメリット

さて、続きまして、介護の仕事を未経験で求人に応募した場合のデメリットについてお伝えします。

デメリットについて考えてみましたが、とくにこれといったデメリットは考えられませんでした。唯一考えられるのは、時給が安いということでしょうか。ですが、資格を取得後は給与はアップしますので、デメリットには該当しないのかもしれません。

求人は、地域によって偏りがある

先ほどもお伝えしましたが、東京都ではトライアル雇用事業が始まっているため、無資格・未経験での求人が増えています。ですが、トライアル雇用を行っているのは、東京都のみです。

他の都道府県に関しては、トライアル事業を行っていないこともあり、未経験・無資格での介護の求人が少ないです。

また、人口の多い地域には介護施設が多いため求人が多いですが、地方の場合は通勤できるエリアに求人がない場合もあります。

介護の仕事に限りませんが、首都圏、主要都市に求人が集中しています。地域によって偏りがあることは残念ですが、頭に入れておいたほうがよさそうです。

求人の実例紹介

介護の仕事で無資格・未経験で応募がある求人は、どのくらいあるのか、またどのような条件になっているのかご紹介しようと思います。

今回は、渋谷、目黒、世田谷エリアの求人フリーペーパーの求人を例に出してご紹介します。

介護、医療の求人があります。その中で、介護の仕事の求人は、19社ありました。19社の求人のうち無資格、未経験で応募できる求人は16社です。3社をリストアップして紹介します。以下をご確認ください。

A社

雇用形態:派遣
就業先:派遣先による
給与:時給1200円~

B社

雇用形態:アルバイト、パート(正社員登用あり)
就業先:自立支援型デイサービス
給与:時給990円 3ヶ月後から+20~50円

C社

雇用形態:正社員
就業先:デイサービスセンター
給与:月給17万2000円(資格取得後は月給5000円アップ)

特徴としては、派遣の時給が高いことがあげられます。これも介護業界に限ったことではありませんが、介護の仕事の場合でも無資格・未経験で働く際には派遣で働くほうが時給が高くなります。

ただし、派遣の場合は交通費が出ない会社がほとんどです。交通費を自己負担することを頭に入れて、応募してください。

なお、求人内容には年齢制限については書いていませんでした。

介護の仕事に就きたい方の中には、40代、50代の転職組みの方もいらっしゃると思います。中高年の就職の場合は、年齢制限が気になりますよね。

大手企業の求人の場合は、無料説明会を実施している場合があります。年齢制限が不安な方は、説明会に足を運んで疑問を解決するようにしたほうがいいでしょう。

まとめ

未経験、無資格の方は、まずは求人に応募して働き始めたほうがメリットがあることが多いことが分かりました。

とくに、今後ずっと介護業界で働く覚悟のある方は、なるべく早く実務経験を積んだほうが介護福祉士の資格を取るための近道となります。

介護職員初任者研修を取ろうかどうか迷っている方は、無資格・未経験の求人に応募することをおススメします。

介護業界は深刻な人材不足が続くことが予想されるので、今後も積極的に求人の応募があります。トライアル雇用に関しても東京都だけでなく他の都道府県でも違った助成金事業としてスタートすることも考えられます。

介護士

介護職員初任者研修を取得するには、安くても3万円、高いところで10万円ほどの費用がかかります。

これから介護の仕事に就きたい方にとって、資格取得のための費用は大きな負担になります。

そこで、おススメしたいのが無資格・未経験でも介護職員(ホームヘルパー)として働きながら、0円で資格を取る方法です。

下記のサイトでは、無資格・未経験でも応募できる求人数が豊富で、介護資格取得の費用を全額サポート。資格取得の費用を少しでも抑えたいという方におススメです。

このページの先頭へ