介護職員初任者研修って、どんな資格?

「介護の仕事に就きたくて色々調べたけど、介護職員初任者研修を取ろうかどうか悩んでいる…」

「介護職員初任者研修ってどんな資格なのか知りたい!取ったほうが仕事に就きやすいのかな…」
と悩んでいる方のために、このページでは介護職員初任者研修について分かりやすくご紹介します。

介護の仕事に就きたいと考えている方は、参考にしてください。初任者研修だけでなく、今後介護の仕事を続けるうえで知っておいてほしいこともお伝えいたします。

資格

介護の資格は2013年に大きく変わりました

介護職員初任者研修は、介護の仕事をする際に必要最低限の知識や技術を習得できる資格です。

研修という名の通り、あくまでも介護の仕事を始めるための基礎的な資格になります。

講座を全て受講後、試験に合格すると修了証書がもらえます。全国どこの介護の現場で証明書を提示することはできますが、運転免許証とは違い介護の仕事を行うために絶対に必要な資格ではありません。

介護の資格は、ピラミッド型になっていまして介護職員初任者研修の上に実務者研修、さらに上に行くと国家資格である介護福祉士、ケアマネージャーがあります。

介護職員初任者研修は、介護資格のピラミッドの最下部に相当するため介護資格の入門編と呼ばれることもあります。

ご存知の方も多いと思いますが、介護職員初任者研修はホームヘルパー2級に相当する資格で2013年より「介護職員初任者研修」に変更となりました。

呼び名が変更するとともに介護資格の内容も一新されました。

以前はホームヘルパー2級を修了していれば、介護福祉士の受験資格が得られました。ですが、現在は介護職員初任者研修取得後にステップアップして介護福祉士の資格が取れないようになったのです。

介護福祉士の受験資格は、実務経験が3年以上+実務者研修の取得が条件となります。介護の資格が1本化されたということですね。

なお、ホームヘルパー2級を持っている方は介護職員初任者研修を取得しているとみなされ、移行後でも介護職員初任者研修保持者として就業することができます。

また、介護職員初任者研修に移行してから、実習体験は必須ではなくなりました。つまり、実習体験なしでも資格が取れるということです。

とはいえ、実際には実習体験を参加する受講生が大半です。資格を取って終わりではなく、初任者研修を取ってからのほうが大変だということを皆さんご存知なんだと思います。

実習体験は任意となっていますが、参加するつもりで臨んだほうがいいでしょう。

資格取得までの流れ

先ほども書きましたが、介護福祉士は国家資格です。

介護福祉士を取得するには、高校を卒業後に介護や福祉系の専門学校、もしくは大学・短大で勉強した後、国家試験を受けるという流れが一般的です。

学生の頃に介護の道に進もうと決断し、進学後資格を取る方たちですね。社会人になってから介護福祉士を目指す場合は、介護職員初任者研修からスタートということになります。

介護の実務経験がなくても、国から指定された講座で修了試験に合格すれば誰でも取得ができるので、介護の仕事に就きたいと思った時点で資格を取ることができます。

介護職員初任者研修を取り、実務経験を積み実務者研修の資格を取得して介護福祉士を目指すことになります。

例えば、社会人になって看護師になろうと思ったら、学校に入りなおさないといけません。看護師には初任者研修に相当する資格がなく、国家資格の取得後に医療や介護の現場で初めて働くことができます。

一方、介護福祉士を目指す場合は、看護師のように専門学校や大学に入りなおす必要もありません。社会人になってから専門学校に入りなおすとなると、高額な授業がかかりますが、介護職員初任者研修、実務者研修の講座費用のみとなります。

受験資格は?

受講資格は定められていませんので、中学生でも保護者の認可があれば受講することができます。実際には、社会人になってから介護の仕事に転職する人が多いので、20代、30代が中心になります。

年齢制限はありません。10代の方から、70歳を過ぎた方でも資格を取得しています。中高年になって介護職員初任者研修を取得する方は、親や家族の介護のために介護の基礎を学びたいという方も少なくありません。

学歴も様々で、中卒の方もいれば、高卒の方もいます。もちろん、大卒の方もたくさんいます。

また、日本語の読み書きができれば外国の方でも受講することができます。事実、外国籍の方や日系の方がたくさん介護の現場で働かれています。

どこで資格が取れるの?

さて、続いてどこで資格が取れるのかご説明させていただきます。

介護職員初任者研修は、国(都道府県知事)が指定した事業所が主催している講座に参加し、カリキュラムを全て修了後、試験に合格することで資格が取得できます。

ハローワークから求職者として資格を取る場合は、職業訓練校の指定を受けた学校の講座に参加することができます。ただし、ハローワークからの申し込みは倍率が高いため申し込みができない場合もあります。

また、ハローワークに関係なく一般の方が参加する場合は、一般公募されている学校の講座に参加します。

一般募集されている大手のスクールだとニチイや未来ケアカレッジ、ベネッセなどがあります。また、介護施設や病院を運営している社会福祉法人や医療法人でも講座を開催しています。

お住まいの地域で開催されている講座を探して申し込みを行います。

授業の内容は?

講習の内容は、座学と言われる講義とロールプレイ形式の実技の2種類があります。

講義の内容は、介護の基礎知識を中心に自立支援や老化についても学びます。学校によっては、グループワークで知識の定着を図るなどの学習方法もあります。

講義で一番役立つ知識は、教科書から得られる知識…ではなく、講師の体験談です。講師は、現場で働く介護福祉士のケースが多く、先輩としての体験談は実践で役立つ知識になります。とくに、介護の仕事を未経験の方にとっては、講師の体験談を聞くことは楽しく役立つ授業となっています。

また、実技では利用者との接し方、コミュニケーションの取り方、ベットメイキングなど基本的な動作の演習が中心になります。介護職員に多い腰痛予防についての演習などもあります。

試験の合格率は?

介護職員初任者研修の試験は、筆記のみとなっています。

試験の内容は、学校により異なりますが、多くは穴埋めや選択による試験内容となっています。また、合格点数も学校ごとに異なり、7割ほどの正解で合格となることが多いようです。

難易度は、決して高くはありません。

なぜなら、最後まで授業に参加して課題を提出していた方で、試験が難しくて合格できなかったという事例がないからです。

1発で合格できなくても補講を受けて再度チャレンジすることができます。国家資格とは違って落とすための試験ではなく、合格させるための試験といっても過言ではありません。

難易度も高くなく、何度もチャンレジできることから、試験の合格率は100%に近いと思って間違いありません。

試験の合格率100%を売りにしているスクールもありますが、規模の小さな講座では珍しいことではありません。大手の場合は、生徒の絶対数が多いため、途中で授業にこなくなる方もいるそうです。そうなると、当然のことながら資格を取得することはできません。

受講料はいくらくらい?

気になる受講料ですが、介護職員初任者研修は全国一律ではありません。

講座を主催する学校や団体ごとに異なります。受講料が安いのは、病院を運営する医療法人や地元の福祉事業を行う社会福祉法人が主催する講座です。医療法人や社会福祉法人は、営利目的ではないので、受講料も格安です。受講料が3万円の講座も少なくありません。

職業訓練なら無料ですが、全国展開しているスクールで安くて6~7万円前後で、高いところだと12万円程度の受講料となります。

ただし、一般参加が可能なスクールのほとんどが受講料を返金するシステムがあります。講座を開催しているスクールは、施設を運営しており、講座の受講生を自分たちの施設で働くスタッフとして雇い入れたいという意向があります。

そのため、受講生はスクールが運営する施設で働くと講座の受講料が実質タダになるわけです。もちろん、半年以上の勤務などの条件がありますが、受講料が無料となる仕組みは、これから介護の仕事を始める人からしたらメリットしかありません。

価格差がある理由

講座を開催しているスクールは運営元があります。それが大手の会社の場合もありますし、中小企業の場合もあります。

例えば、スクールが駅前の瀟洒なビルで開催されるとしたら家賃も当然高くなります。

その分のコストが受講料にかかるということです。

講師の人件費も経験や実績によって異なりますから、実績のある講師にお願いすると人件費が高くなり 受講料も高くなるということです。

でも、受講料が高いからにはそれなりにサービスが充実しているのも事実です。

授業内容のクオリティーはもちろん、生徒の満足度や合格率、就業先の紹介などそのスクールで学ぶことで得られるメリットもたくさんあります。

受講料の高い、安いで決めるのではなく、自分に最適なスクールで学ぶことがベストな選択になります。自分への投資と考えるとただ安いだけでは決断はできないのではないでしょうか?

通信と通学の違い

介護職員初任者研修は、「通学」と「通学+通信」の2通りの学習方法があります。実技による授業が必要になるため、通信のみの学習で資格を取ることができません。

介護職員初任者研修の学習時間は、合計130時間です。その130時間の学習時間のうち通信学習は40.5時間と定められています。通信学習の場合は、レポート提出が義務付けられています。

スクールのホームページを見ると、たまに通信コースと書かれている場合がありますが、正しくは「通学+通信」コースとなります。

「通学コース」と「通学+通信コース」の違いは、資格を取るまでの受講期間です。通学のみの場合は、最短1ヶ月で全てのカリキュラムを修了することができます。ただし、月曜日から金曜日まで朝9時から16時くらいまで、みっちり授業となります。

一方の通学+通信コースの場合は、週に1回、もしくは2回程度の通学に加えて、通信による学習が必要となります。資格取得までは約3~4ヶ月ほどかかります。週に1回の授業なので働きながら資格を取れるカリキュラムですが、資格取得までの時間がかかるというデメリットがあります。

無働きながら資格を取る方法

無資格でも働きながら資格を取る方法を紹介します。しかも、資格を取るための費用は一切かかりません。

無料というと、ハローワークの職業訓練を思い浮かべるかもしれませんが、実は他の方法もあります。

介護スタッフの求人サイトをご覧になれば分かると思いますが、介護の仕事を未経験でも求人を出している会社がたくさんあります。また、介護職員初任者研修の取得費用を会社が全額負担する求人が増えています。

これは、介護スタッフの雇用を促進するプロジェクトが影響しています。受講料は会社が負担となっていますが、実は国が負担する形になっています。ですので、企業としては雇った人の受講料を負担しなくてもいいのです。企業が積極的に無資格、未経験での求人を出している理由がお分かりだと思います。

無資格で働く場合は、就業先は有料老人ホームに限られます。ホームヘルパーとして働くわけにはいきませんが、介護の仕事をしたことがない方でも介護スタッフとして働きながら介護職員初任者研修を取得することができます。

給料をもらいながら実務経験が積めるのは、介護福祉士を目指す方には大きなメリットとなります。なぜなら、介護福祉士の受験資格は、3年の実務経験が必要となるため、介護福祉士を目指すのであれば、少しでも早く実務経験を積んだほうがいいからです。

資格取得後の給料

給与水準の高い東京都内で働いた場合でご紹介します。

無資格:時給1000円~

介護職員初任者研修取得者:月給19~22万円

無資格でも派遣社員となると時給はもう少しよくなりますね。都内であれば、無資格でも時給1800円の求人もありますね。ただし、派遣は交通費が出ないというデメリットがあります。交通費を自腹計算すると、時給1000円になるなんてこともあります。

上記に紹介した給料は、あくまでも目安です。都内でも施設や運営する法人によって給与はバラバラです。でも、基本的に給与の水準は高くありません。

とはいえ、介護職員として一家の大黒柱として働いている方もたくさんいらっしゃいます。介護職員として給与を平均異常にしたければ、介護職員初任者研修にとどまらず、最低でも介護福祉士の資格を取りましょう。

さらに、基本給は安いので、夜勤専従など手当てが出る職場を選べば、一般的なサラリーマンと同等の給与を得ることも可能です。

ちなみに実務者研修を取得すると、サービス提供責任者としての資格を得ることができます。事業所は、利用者40人に対して1人のサービス提供責任者を配置する必要があります。

実務者研修を取得すると資格手当てが出るので、月収は初任者研修取得者よりも高くなります。

まとめ

介護職員初任者研修について、基本的なことをお伝えしてきました。

おそらく、資格を取ろうかどうか迷っている方の疑問点は解消できたと思います。それでもまだ疑問点や不安がある場合は、スクールが主催する無料説明会に参加することをおススメします。

説明会で講師たちに不安に思っていることや疑問点を質問すれば、きっとネットで検索するよりも有益な情報が得られるはずです。

介護士

住所など必要事項を記入するだけで複数のスクールの資料を一括で取り寄せることができます。

働きながら通えるや夜間や土日コースを開催しているスクールを探している方は、ぜひ活用してみてください。

このサイトから資料請求を行うことで、公式ホームページから申し込むより半額以上安くなることがあります。初任者研修を安い費用で取りたい方に人気のサイトとなっています。

このページの先頭へ