※現役介護士の給料を公開※ 初任者研修の取得後いくら貰えるの?

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

 

介護士の給料は実際はどのくらい貰えるのか?

 

あなたにもこんな疑問ありませんか?

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

介護業界に転職しようと思うけど、給料はどのくらい貰えるんだろう?

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

いま介護士として働いている方はどのくらいの給料をもらっているの? 待遇に満足はしてる?

 

介護士の給料があまり良くないことは、介護の仕事をしていない方でも知られていることです。

しかし実際に毎月どのくらいもらっているのかは知らないという方が大半ではないでしょうか。

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

そこで今回は、正社員の介護士として働く方の給料をご紹介しようと思います。

情報のリソースは、私の母親・知り合いの介護士・検索やアンケートの結果など複数のデータを元にしていますので、介護士の給料を知りたい方はぜひ参考になさってください。

 

介護士の給料

 

受講料の安い学校の注意点

受講料の安い学校は小規模事業所が運営している場合が多いです。ですので受講生徒が集まらない場合は講座が中止になり、また、直前で受講日程が変更になることもあります。

一番困ることはその事業所の経営が傾いてしまうことです。少し前までは介護職員初任者研修の講座をしていた事業所が急に取りやめる(講座の開催を終了する)こともあります。こうしたデメリットも理解しておきましょう。

確かに受講料が安いことはとても魅力的に感じると思います。ですが、実習・現場の実践スキル(介護職の生の声)はある程度、大手の学校のほうがレベルが高いのは事実です。

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

なので地域によって違うこともありますが、学校を探す場合は「受講料が安い学校」と「大手の学校」の2パターンの資料請求をすることをおすすめします。

大手の学校の場合、開催が中止になる・日程が変更になることは小さい教室以外まずありませんので。

(別ウインドウで表示) 大手スクールの初任者研修「通信講座が安いランキングTOP5」

 

介護職員初任者研修の講座に参加する前は、複数の講座に資料請求して、説明会に参加する流れが一般的です。

  • 受講料の安い講座を知りたい
  • 評判のいい講座を知りたい
  • 夜間の授業のある講座に参加したい
といった場合に、一括資料請求は便利です。

一度の手間で複数の講座の資料請求ができるので、試しておいて損はないと思います。

 

 

介護士の手取りの給料はどのくらい?

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

まず、働く施設によって、どの程度収入の差があるのか調べてみました。その結果は以下のとおり。

 

訪問介護

毎月の給与平均:17、18万円

デイサービス

毎月の給与平均:15~20万円

特別養護老人ホーム

毎月の給与平均:15~20万円

介護老人保健施設

毎月の給与平均:15~20万円

認知症高齢者グループホーム

毎月の給与平均:20~25万円

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

また、東京など首都圏の施設のほうが平均して給与の水準が高くなり、地方になると水準が低くなる傾向にあります。

 

上記を加味して、介護福祉士として働く場合の給与の平均を割り出してみると毎月20万円弱くらいになります。賞与などを含めて年収が350 ~ 400万円弱程度でしょうか。

日本の平均年収が400万円ほどですから、平均より50万円ほど下回っていることになりますが、実は年収350万円の層がもっとも多いという統計データもあります。

年収300万円台でお仕事をされている方は、男性は約530万人、女性は約290万人。職業は他に、WEBデザイナー、整体士、保育士、管理栄養士などが挙げられます。

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

他の職業と比較して介護士の年収についてご紹介してきましたが、年収300万円台はあくまで平均値です。なかには年収400万円以上貰っている介護士の方もいることだけはお伝えしておきます。

 

 

介護福祉士の派遣社員の時給は?

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

続いて、介護福祉士の資格を持っている方が派遣社員として働く場合の給料について調べてみました。

 

東京都内、神奈川県横浜市

平均時給:1,100~1,800円

首都圏(大阪、愛知、埼玉、千葉など)

平均時給:1,100円前後

地方

平均時給:950円

都内で働きたい方は、派遣で働くほうが手取りがよくなる場合があります。

また、派遣社員でも雇用保険に入り1年間働けば、毎月1000円程度の支払いでも求職中の90日間は、50~80%の失業給付金がもらえます。
(※諸々手続き、条件については最寄りのハローワークで確認してください)

時給が高いというメリットがある一方で、契約期間が3ヶ月ごとの更新が多いため、いつ雇い止めになるかもしれないという不安がつきまとうのも事実です。

長期的に働くなら正規社員として働くほうが安定した収入を見込めますし、社会的な信用も得られるので介護士として働く場合は、現状では正規社員(常勤)のほうがメリットがあるでしょう。

 

福利厚生などの待遇は?

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

パートやアルバイトではなく、常勤の介護士として働くなら、福利厚生も気になるところです。

資格手当として5000円~1万円程度の支給がある施設が多いのですが、住宅手当や家族手当は支給されるほうが珍しく、介護福祉士の福利厚生が充実しているとはまだ言えません。

現状では、給料のほかに資格手当が1万円くらい入るかなと考えておきましょう。(※ 夜勤がある方は夜勤手当もある)

 

また、介護士の福利厚生は勤務年数が長くなっても、福利厚生の評価に反映されないことが大半です。

ですので、介護士の給与に満足している方は少なく、離職する大きな要因となっています。

給料のほかにボーナスや福利厚生が充実していないと嫌だという方は、大手の介護施設で働くことをおススメします。

 

 

全額キャッシュバックしてくれる学校の特徴は?

ここで受講料を「全額キャッシュバック」してくれる学校の特徴を解説します。

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

解説全額キャッシュバックとは初任者研修の修了後、そのスクールの関連施設で働けば受講料が全額キャッシュバックされる制度です。

このような全額キャッシュバック制度を導入しているのは大手スクールが多いです。例えば以下のスクールで導入、、、
( 大手スクール = 大きな会社で資金が豊富にある会社 )

  • ニチイ学館
  • ベネッセ(ベネッセスタイルケア)
  • 未来ケアカレッジ
  • カイゴジョブアカデミー
  • 三幸福祉カレッジは求職者割引で受講料が最大30%OFF

このような会社は就職サポートも充実している。なぜなら自社で持ってる介護事業所や関連する介護施設もたくさんあるから。つまり就職先の選択肢がたくさんあるということ。

他にもメリットとして、大きな会社( 関連会社含む )は福利厚生( お給料・ボーナス・退職金制度・有給休暇など )が充実しているところが多い。

私も小さい会社から大きな会社( グループ会社 )に転職しましたが、住宅手当・退職金制度が充実していることは安心感もあり本当にありがたい。
どうせ働くなら福利厚生が充実している会社で働いたほうがお得です。(※ これはあくまで私の個人的な意見ですが)

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

結論初任者研修講座を選ぶ際には、大手スクールも必ず選択肢の1つにしたほうが後々、後悔しないスクール選びができるでしょう。

(別ウインドウで表示) 大手スクールの初任者研修「通信講座が安いランキングTOP5」

 

なぜ、介護士の給料は安いのか?

 

介護士の給料が安い理由は、介護保険の報酬が少ないため、そもそも介護施設の利益が少ないことが起因しています。

ですので、基本的にどの施設でも給与の水準が低い傾向にあり、能力や経験に関係なく給与が横ばいとなる場合が多いのです。

残念ながら、今後もこの状況が大幅に改善される見込みは少ないため、介護士の給料の水準が大幅に高くなることは現実的ではありません。

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

ですが、高齢化社会が進み50万人の介護士が不足すると言われています。それに伴い、待遇が悪い離職率の高い介護士の待遇も改善される見通しが出てきています。

 

介護士の給料は?「まとめ」

 

正規社員(常勤)の介護福祉士として働く場合の給料は、約20万円が平均です。賞与ありで年収は約350~400万円。

派遣で働く場合は、東京都、神奈川県の施設の場合は時給が高くなる傾向にあり、地方では時給1000円を下回ることもあります。

また、福利厚生も資格手当てが5000~1万円ほどある程度なので、介護福祉士として働く方の多くが給与に満足していません。

介護士の給与水準が低いことが、離職率が高い要因にもなっています。

介護士の給料が安いのは、介護保険が少ないことが原因ですぐに改善される可能性は低いでしょう。ただし、高齢化社会が進むため介護施設を増やす方針が決まっています。それに伴い介護士の待遇も改善される見通しも出てきています。

 

介護士

住所など必要事項を記入するだけで複数のスクールの資料を一括で取り寄せることができます。

働きながら通える夜間や土日コースを開催しているスクールを探している方は、ぜひ活用してみてください。

このサイトから資料請求を行うことで、公式ホームページから申し込むよりも半額以上安くなることがあります。初任者研修を安い費用で取りたい方に人気のサイトとなっています。

このページの先頭へ