【リアルな本音を暴露】異業種から介護士に転職した方の体験談

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

 

まずはあなたも介護職員初任者研修を無料 (受講料0円) で取得しませんか? 介護職に興味ある方はぜひ参考にしてください。

 

 

異業種から介護職に転職したい方が知っておくべきこととは?

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

35歳を過ぎているけど、興味のある介護の仕事に転職しようと思っているけど大丈夫かな?

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

介護の仕事は未経験だけど、これから初任者研修を取って最終的には介護福祉士になりたい!

あなたも介護士として働きたいと思っているけど、このような悩みや疑問はありませんか?

他にも、「おじいちゃん、おばあちゃんが好きで体力に自信があるから、介護業界で仕事を探そうと思うけどどうすれば?」などなど。

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

そんなときに役立つのが、先輩たちの転職や職場体験談です。

とくにまだ介護の仕事に転職しようか迷っている方は、同じように異業種から介護の仕事に転職した方の体験談を参考にして、最終的に自分で判断するのが賢明です。

 

そこで今回は、異業種から介護士に転職した方たちのリアルな本音を暴露している体験談をご紹介します。

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

掲示板、SNS、ブログなどネットで公開している体験談をランダムにピックアップし掲載してます。

  • 異業種から介護士に転職した方たちは、後悔をしていないのか
  • 転職して成功したと思っているのか

このようなことが気になる方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

 

【リアルな本音を暴露】異業種から介護士に転職した方の体験談

 

私は介護職員初任者研修・実務者研修を取得していますが、以前はあなたと同じような悩みを抱えていました。

例えば以下のような悩み・疑問…。

  • 介護職員初任者研修はどんな資格?取得方法は?
  • 働きながら取得できるの?費用はいくら?
  • おすすめのスクール( 事業所 )はある?

 

私はこのような悩みや疑問を徹底的に調べ、それを解決できる当サイトを運営しています。

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

私は介護スクールなどの社員ではありません。一個人なので、忖度なしで本当に良いサービスをご紹介・比較できるのが最大の強みです。

 

受講料の安い学校の注意点

受講料の安い学校は小規模事業所が運営している場合が多いです。ですので受講生徒が集まらない場合は講座が中止になり、また、直前で受講日程が変更になることもあります。

一番困ることはその事業所の経営が傾いてしまうことです。少し前までは介護職員初任者研修の講座をしていた事業所が急に取りやめる(講座の開催を終了する)こともあります。こうしたデメリットも理解しておきましょう。

確かに受講料が安いことはとても魅力的に感じると思います。ですが、実習・現場の実践スキル(介護職の生の声)はある程度、大手の学校のほうがレベルが高いのは事実です。

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

なので地域によって違うこともありますが、学校を探す場合は「受講料が安い学校」と「大手の学校」の2パターンの資料請求をすることをおすすめします。

大手の学校の場合、開催が中止になる・日程が変更になることは小さい教室以外あまりありませんので。

(別ウインドウで表示) 大手スクールの初任者研修「通信講座が安いランキングTOP5」

 

介護職員初任者研修の講座に参加する前は、複数の講座に資料請求して、説明会に参加する流れが一般的です。

  • 受講料の安い講座を知りたい
  • 評判のいい講座を知りたい
  • 夜間の授業のある講座に参加したい
といった場合に、一括資料請求は便利です。

一度の手間で複数の講座の資料請求ができるので、試しておいて損はないと思います。

 

 

異業種から介護職に転職した方のリアルな体験談とは?

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

性別:女性 前職:主婦

介護の仕事に転職したきっかけは、家族を介護するようになったことです。実際に介護をやってみると大変でしたが、どうしたらもっとスムーズに動けるのかなど興味を持ち気づいたら介護について詳しく学習したいという気持になっていました。家族の介護を続けているうちに、知り合いから介護についての経験と理解があるという理由から介護の仕事に誘われました。当初はすぐに辞めるつもりだったのですが、今も楽しく介護の仕事を続けています。大変な仕事ですが、高齢者さんのお世話をしているうちに自分自身が成長したなと思う部分もあり、楽しく働いています。

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

性別:男性 前職:警備

5年以上勤めていた警備の仕事を辞め、50歳を過ぎてから介護職に転職しました。非常勤で働いていましたが、60歳を過ぎてから体調を崩し退職せざるを得ない状況に陥り、結局仕事は辞めました。体も心も壊れないように自己管理できれば年齢関係なく介護職に転職できると思います。

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

性別:男性 前職:電気関係

電気関係の仕事から全く関係のない介護職に転職。その理由は、前職の経営が傾きはじめ退職を余儀なくされたからです。しかも転職が難しくなる40歳を過ぎていましたので、未経験でも安定した職につける介護職に転職しようと考えました。まずは介護職員初任者研修を受講しながら、転職活動を行いました。その結果、有料老人ホームに転職することができました。熱意とやる気があれば、未経験でも転職できる反面、若い女性の上司、仲間と一緒に働くことに違和感がある男性だと難しいかもしれません。私は、介護職に転職してよかったと思っています。

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

性別:男性 前職:スーパー

スーパーのサービス業から大手有料老人ホームに転職しました。当たり前ですが、前職とは仕事内容も勤務形態もまったく違うため転職後は体力的にも精神的もきつかったです。夜勤も含め、仕事に慣れるまでに数ヶ月はかかりました。異業種から転職する場合は、はじめのうちはきついですが、誰でも最初は大変ですが、慣れれば余裕を持って働けます。それまでは頑張って辞めないで続けてほしいです。

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

性別:女性 前職:営業

これまでに色々な職業を転々としてきましたが、介護職に転職してもう5年以上が経ちます。大変な仕事ですが、今でも続けていられるのは、「利用者さんからありがとう」って言ってもらえるからだと思います。上司のいじめ、人間関係など、嫌な話が多い介護業界ですが、利用者さんから必要とされていると思うとこれからもずっとこの仕事を続けたいと思えます。

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

性別:男性 前職:製造業

40代になってから介護の仕事に転職、その後、同じ介護職で1回転職しています。自分の経験からいえることは、異業種から転職する際には小さな営業所ではなく、人材育成の制度が整っている大手の営業所のほうが経験が積めるということです。初任者研修の資格を取ることも大切ですが、どこで働くのかがとても大切です。

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

性別:女性 前職:自衛隊

介護・福祉の仕事をしている方は、異業種から転職する方が多いのですが、その中でも前職が自衛隊の私は業界でも珍しいため、高齢者の方から自衛隊の経験談をお話すると喜ばれることが多いです。介護士といっても高齢者と人間関係を築くために、自分の経験を話すことが多いので、これまでに色々な経験をされていたり愛嬌がいい方のほうが慕われる傾向にあります。私は思い切って転職して良かったと思っています。

 

異業種から介護士に転職した方の体験談「まとめ」

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

介護の仕事に転職したいと思っている方に、参考なる部分はあったのではないでしょうか。

上記に紹介した体験談は、もちろん一部に過ぎません。

このページを作成するために異業種から介護の仕事に転職した方々の体験談を1日以上かけて読みましたが、改めて人間関係のストレスに悩む方が多いなと感じました。

社会人は業種関係なく、人間関係で悩んでいる方は非常に多いですよね。

介護職も利用者さんと良好な関係を築き、介護の仕事を楽しく続けている方がいる一方で、やっぱり人間関係などで悩み、介護の仕事から離れる方もたくさんいます。

異業種から介護職に転職される方は、介護のいいところだけでなく、悪いところにも知った上で転職するようにしましょう。

異業種から介護の仕事に転職された方の体験談を読んで分かったことは、時間をかけてでもしっかり決断をしたほうが、転職して長続きしているということです。介護の仕事は大変ですが、それ以上にやりがいのある仕事でもあります。転職して自分の人生にプラスになるのかじっくり考えてみましょう。

介護職員初任者研修とはどんな資格?分かりやすく解説します!

 

【リアルな本音を暴露】異業種から介護士に転職した方の体験談

住所など必要事項を記入するだけで複数のスクールの資料を一括で取り寄せることができます。

働きながら通える夜間や土日コースを開催しているスクールを探している方は、ぜひ活用してみてください。

このサイトから資料請求を行うことで、公式ホームページから申し込むよりも半額以上安くなることがあります。初任者研修を安い費用で取りたい方に人気のサイトとなっています。

このページの先頭へ