時短で働くパートさんのメリットとデメリットは?

「ヘルパー2級の資格は持っているけど、働くのは久しぶりだから短時間のパートから始めたい…」
「家計を楽にするために働きたい。資格を持っているからヘルパーとして週2日で働きたいけど求人あるかな…」
「いずれは介護福祉士を取りたいけど、週2回じゃ無理かも…」

このように短時間で働きたいヘルパーさんの悩みは尽きません。このページでは、短時間で働きたいという考えている主婦の方が多く求人の探し方や短時間で働くことのメリットやデメリットをご紹介します。

ヘルパーさん

短時間のヘルパーさんの求人はある?

夜勤は当たり前の介護業界で、そもそも短時間で働ける求人はあるの?と思っているかもしれません。

短時間でもOKな求人はたしかにあります。ですが、数は少なく地域によってバラつきがあります。

でも、基本的に少ないと思って間違いありません。

また、週2日で働けるヘルパーさんの求人は、登録型のヘルパーがほとんど。つまり、在宅介護のためのヘルパーさんです。在宅ではなく施設で働きたいという方は難しいかもしれません。

時短で働くことのメリット

短時間でヘルパーとして働くことのメリットは、仕事と家庭を両立させることができる点です。

正社員で働く場合は、基本的に夜勤をしないと家族を養う水準には達しません。

ですが、ヘルパー2級や介護職員初任者研修をもっていれば、コンビニでバイトするよりもヘルパーとして 働くほうが稼げる可能性が高いです。

自分のペースで、自分の得意な分野で仕事ができるのでハードな介護の仕事もゆとりをもち充実感を得ながら 働くことができるでしょう。

時短で働くことのデメリット

短時間で働く場合のデメリットは、福祉士の資格を取るには時間がかかりすぎる点です。

介護福祉士の受験資格は、実務経験が3年以上となっております。週2日で働く場合は5年以上はかかりますし、週1日となったら10年以上の実務経験は必要になります。

パートとしてヘルパーとして長く働きたいのであれば、資格取得は必要ありませんが、この先も介護福祉士やケアマネの市資格を取ってステップアップしたいのなら時短で働くことは大きなデメリットとなります。

まとめ

週1日、週2日の求人はあるが、数は少ない。

求人の多くが在宅の登録型のヘルパーとなる。

時短で働くことのメリットは、肉体的、精神的にゆとりを持ちながら働ける点。

デメリットは、実務経験が必要となる介護福祉士の資格が取ることが難しくなる。

介護士

住所など必要事項を記入するだけで複数のスクールの資料を一括で取り寄せることができます。

働きながら通えるや夜間や土日コースを開催しているスクールを探している方は、ぜひ活用してみてください。

このサイトから資料請求を行うことで、公式ホームページから申し込むより半額以上安くなることがあります。初任者研修を安い費用で取りたい方に人気のサイトとなっています。

このページの先頭へ