介護職員初任者研修の講座内容は、どの学校も一緒?

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

 

初任者研修の講座内容は、どの学校でも一緒なのか?調べてみました

 

あなたにもこんな悩みありませんか?

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

結局、どの学校にいっても講座の内容は一緒だから受講料の安い学校を選ぶのがいいかな?

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

親の介護のために介護を学びたいから、できればテキストも実践的なものが欲しい!

 

たしかに初任者研修を取得した方の中には、「講座内容は国が定めたカリキュラムに沿った授業になっているから、どこに行っても同じじゃないの?」という意見も少なくありません。

 

では実際にどの学校でも講座内容は一緒なのか調べてみました。学校選びのヒントにしていただければと思います。

 

 

受講料の安い学校の注意点

受講料の安い学校は小規模事業所が運営している場合が多いです。ですので受講生徒が集まらない場合は講座が中止になり、また、直前で受講日程が変更になることもあります。

一番困ることはその事業所の経営が傾いてしまうことです。少し前までは介護職員初任者研修の講座をしていた事業所が急に取りやめる(講座の開催を終了する)こともあります。こうしたデメリットも理解しておきましょう。

確かに受講料が安いことはとても魅力的に感じると思います。ですが、実習・現場の実践スキル(介護職の生の声)はある程度、大手の学校のほうがレベルが高いのは事実です。

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

なので地域によって違うこともありますが、学校を探す場合は「受講料が安い学校」と「大手の学校」の2パターンの資料請求をすることをおすすめします。

大手の学校の場合、開催が中止になる・日程が変更になることは小さい教室以外まずありませんので。

(別ウインドウで表示) 大手スクールの初任者研修「通信講座が安いランキングTOP5」

 

介護職員初任者研修の講座に参加する前は、複数の講座に資料請求して、説明会に参加する流れが一般的です。

  • 受講料の安い講座を知りたい
  • 評判のいい講座を知りたい
  • 夜間の授業のある講座に参加したい
といった場合に、一括資料請求は便利です。

一度の手間で複数の講座の資料請求ができるので、試しておいて損はないと思います。

 

 

初任者研修のカリキュラムは全国共通です!

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

そもそも初任者研修の講座って、どのようなことを学ぶの?と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

 

まず、初任者研修について知っておくべき前提知識をお伝えします。

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

初任者研修は、都道府県から指定された学校や福祉法人が運営する講座を受講し、修了試験に合格すれば資格を取得することができます。

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

もちろん未経験・無資格でも初任者研修の受講は可能です。

 

次に知っておくべき前提知識はこちら。

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

介護職員初任者研修の取得方法は、以下の2通り

  • 通学のみ全てのカリキュラムを通学による学習で修了する「通学コース」(通学をスクーリングともいう)
  • 通学+通信自宅での学習(40.5時間)と通学による学習をする通学+通信の併用「通信コース

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

すべての授業(130時間の講義)を通信のみ( 自宅 ) で学習することはできません。なぜなら実技の学習があるから。実技は必ず学ぶ施設に通学し講義を受けることが必須になっています。

※ よく初任者研修で「通信講座コース」と書かれているのは「通学+通信」を併用しているコースのことです。すべてのカリキュラムを通信( 自宅 )学習できるものではありません。

 

介護職員初任者研修の通信(オンライン)学習について

ここ重要厚生労働省より、受講者の負担を減らし受講しやすいように学習カリキュラムの130時間のうち各科目ごとの上限を超えない範囲で最大「40.5時間」については通信学習を実施することができます。

※ 介護員養成研修の取扱細則について - 厚生労働省より

 

では続いて、初任者研修の学習カリキュラムと初任者研修を通信(自宅)で実施できる「各科目と時間数」の詳細を確認しましょう。

学習内容 時間数 通信で学習
できる上限時間
職務の理解 6 -
介護における尊厳の保持・自立支援 9 7.5
介護の基本 6 3
介護・福祉サービスの理解と医療の連携 9 7.5
介護におけるコミュニケーション技術 6 3
老化の理解 6 3
認知症の理解 6 3
障害の理解 3 1.5
こころとからだのしくみと生活支援 75 12
講義の振り返り 4 -
合計 130 40.5

例えば、「介護の基本」の科目は全6時間の学習が必要ですが、そのうち上限3時間は通信学習も可能というわけです。

 

上記のカリキュラムに関しては、どの学校でも変わりません。大手スクールのニチイだろうと、地元にしかない学校であろうと、カリキュラムの内容は変わらないということです。

でも、疑問に思いませんか? カリキュラムは一緒なら、受講料はどこも一緒じゃなきゃおかしくない?と。ではなぜ、同じカリキュラムなのに受講料が違うのでしょうか。

 

カリキュラムは同じでも、講座内容は学校ごとに異なる

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

結論からいいますと、カリキュラム以外の講座や実習、就業サポートなど学校が提供する独自のサービスがあるため、受講料が異なります。

義務付けられているカリキュラムのほかに、実践で必要な技術や知識を得るために必要なサービスを提供しているので、講座内容は学校ごとに異なり、受講料にも差が出てくるというわけです。

 

例えば、ホームヘルパー2級から介護職員初任者研修に移行してからは、施設実習は任意になりました。つまり、実習なしでも初任者研修の資格が取れるということですが、学校によっては施設実習を講座内容に入れているところも少なくありません。実習時間や回数などは、各学校ごとに異なるため、受講料にも違いがでてきます。

他にも、就業サポートのために専任のコンサルタントを常駐している学校もありますし、面接対策の補講などを実施している学校もあります。

 

結論

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

初任者研修は、介護士になるための登竜門となる資格です。

基礎的な資格ですから、その後に実務者研修なども取り、介護福祉士やケアマネージャーといった上級資格を取るための第一歩ともいえます。

ですので、資格を取って終わりということではありません。多くの方は、資格取得に必要な授業のほかに、現場で使える知識や技術を習得したいという方がほとんどではないでしょうか。

そのニーズに応えるために、各学校は必要最低限のカリキュラム以外に付加価値のあるサービスを提供しています。ですから、カリキュラムはどの学校も同じでも、講座内容(授業内容)は異なります。

受講料に数万円程度の差があるのは、学校が提供している付加価値によるものだと思って間違いありません。

 

全額キャッシュバックしてくれる学校の特徴は?

ここで受講料を「全額キャッシュバック」してくれる学校の特徴を解説します。

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

解説全額キャッシュバックとは初任者研修の修了後、そのスクールの関連施設で働けば受講料が全額キャッシュバックされる制度です。

このような全額キャッシュバック制度を導入しているのは大手スクールが多いです。例えば以下のスクールで導入、、、
( 大手スクール = 大きな会社で資金が豊富にある会社 )

  • ニチイ学館
  • ベネッセ(ベネッセスタイルケア)
  • 未来ケアカレッジ
  • カイゴジョブアカデミー
  • 三幸福祉カレッジは求職者割引で受講料が最大30%OFF

このような会社は就職サポートも充実している。なぜなら自社で持ってる介護事業所や関連する介護施設もたくさんあるから。つまり就職先の選択肢がたくさんあるということ。

他にもメリットとして、大きな会社( 関連会社含む )は福利厚生( お給料・ボーナス・退職金制度・有給休暇など )が充実しているところが多い。

私も小さい会社から大きな会社( グループ会社 )に転職しましたが、住宅手当・退職金制度が充実していることは安心感もあり本当にありがたい。
どうせ働くなら福利厚生が充実している会社で働いたほうがお得です。(※ これはあくまで私の個人的な意見ですが)

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

結論初任者研修講座を選ぶ際には、大手スクールも必ず選択肢の1つにしたほうが後々、後悔しないスクール選びができるでしょう。

(別ウインドウで表示) 大手スクールの初任者研修「通信講座が安いランキングTOP5」

 

 

 

介護士

住所など必要事項を記入するだけで複数のスクールの資料を一括で取り寄せることができます。

働きながら通える夜間や土日コースを開催しているスクールを探している方は、ぜひ活用してみてください。

このサイトから資料請求を行うことで、公式ホームページから申し込むよりも半額以上安くなることがあります。初任者研修を安い費用で取りたい方に人気のサイトとなっています。

このページの先頭へ