介護職員初任者研修の資格取得までの流れとは?

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

 

 

初任者研修を取得するまでの流れをご紹介

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

初任者研修の資格を取得するまでの流れをご紹介します。

 

流れといっても特別なことはありません。都道府県が指定した研修機関で定められたカリキュラムを受講して、修了の認定をもらえれば資格を取得できます。以下で詳しくご説明します。

 

介護職員初任者研修の費用を安くする方法とは?費用を0円にすることも可能

 

私は介護職員初任者研修・実務者研修を取得していますが、以前はあなたと同じような悩みを抱えていました。

例えば以下のような悩み・疑問…。

  • 介護職員初任者研修はどんな資格?取得方法は?
  • 働きながら取得できるの?費用はいくら?
  • おすすめのスクール( 事業所 )はある?

 

私はこのような悩みや疑問を徹底的に調べ、それを解決できる当サイトを運営しています。

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

私は介護スクールなどの社員ではありません。一個人なので、忖度なしで本当に良いサービスをご紹介・比較できるのが最大の強みです。

 

受講料の安い学校の注意点

大手スクール以外で、受講料の安い学校を選ぶときの注意点を解説!

受講料の安い学校は小規模事業所が運営している場合が多いです。ですので受講生徒が集まらない場合は講座が中止になり、また、直前で受講日程が変更になることもあります。

一番困ることはその事業所の経営が傾いてしまうことです。少し前までは介護職員初任者研修の講座をしていた事業所が急に取りやめる(講座の開催を終了する)こともあります。こうしたデメリットも理解しておきましょう。

確かに受講料が安いことはとても魅力的に感じると思います。ですが、実習・現場の実践スキル(介護職の生の声)はある程度、大手の学校のほうがレベルが高いのは事実です。

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

なので地域によって違うこともありますが、学校を探す場合は「受講料が安い学校」と「大手の学校」の2パターンの資料請求をすることをおすすめします。

大手の学校の場合、開催が中止になる・日程が変更になることは小さい教室以外まずありませんので。

(別ウインドウで表示) 大手スクールの初任者研修「通信講座が安いランキングTOP5」

 

介護職員初任者研修の講座に参加する前は、複数の講座に資料請求して、説明会に参加する流れが一般的です。

  • 受講料の安い講座を知りたい
  • 評判のいい講座を知りたい
  • 夜間の授業のある講座に参加したい
  • 働きながらでも取得できる学校は?
  • 駅チカな学校は?
  • 最短で取得したい!
といった場合に、一括資料請求は便利です。

一度の手間で複数の講座の資料請求ができるので、試しておいて損はないと思います。

180万人以上の利用実績がある、完全無料の格安人気サイト!

 

 

1. 指定の研修機関で受講する

お住まいの地方自治体や研修所に指定されているスクールが主催している講座を受講し、修了の認定書をもらえれば資格を取得することができます。

指定の研修所では、筆記試験や面接の指導をすることが義務化されています。ですが、そのほかのカリキュラムの内容に関しては、各地方自治体やスクールによって異なります。

 

2. 受講方法を選ぶ

知っている人は当たり前だと思うかもしれませんが、介護職員初任者研修を取得するためには、全ての講座を通学にするか、通信と通学の併用にするか、どちらかで受講することになります。

ですので、例えばユーキャンの通信講座のように通信だけの学習(自宅学習)だけでは取得できないということになります。介護には実習が必要なので、体を動かして覚えることがたくさんあります。

 

3. 130時間のカリキュラムを受講する

介護職員初任者研修のカリキュラムは合計130時間となっています。この130時間のうち40.5時間が通信学習で行うことができます。

この130時間は、あなたに合った方法で受講することができます。例えば、いま仕事をしながら土日だけ勉強したいという方であれば、土日のみ学習をする受講スタイルでも資格が取得できます。ただし、土日だけよりも平日もフルに使って受講する人のほうが早く資格は取得できます。

 

4. 修了証を受け取る

規定のカリキュラムを全て受講し、簡単なテストに合格すれば修了書を受け取ることができます。修了書が資格取得の証拠となります。なくさずに保管しておきましょう。

 

5. 実地研修はありません

介護施設で実地研修をしないと資格を取得できないと思っている方もいらっしゃるかもしれません。

介護職員初任者研修は、実地研修は必須ではありません。民間のスクールは基本的に実地研修はないと思って間違いありません。

ただし、スクールによっては提携している施設で研修を受けることができます。

 

 

初任者研修を取得できる学校(事業所)は?

 

一般的に、初任者研修を通学・通信で受講できる学校(事業所)は主に以下の4通り。

学校(事業所) 価格
職業訓練校や求職者支援訓練 無料(テキスト代のみ)
社会福祉・医療法人 約2万 ~ 5万円台
大手スクール 約5万~12万円台
※ 受講料30%OFFや各種割引・全額キャッシュバック制度がある
市区町村の介護員養成研修 自治体により違う、また開催するのかも不明
詳しくは管轄の市区町村のホームページを参照ください。

 

 

まず、初任者研修の学校(事業所)を探す前に知っておくべき前提知識をお伝えします。

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

初任者研修は、都道府県から指定された学校や福祉法人が運営する講座を受講し、修了試験に合格すれば資格を取得することができます。

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

もちろん未経験・無資格でも初任者研修の受講は可能です。

 

次に知っておくべき前提知識はこちら。

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

介護職員初任者研修の取得方法は、以下の2通り

  • 通学のみ全てのカリキュラムを通学による学習で修了する「通学コース」(通学をスクーリングともいう)
  • 通学+通信自宅での学習(40.5時間)と通学による学習をする通学+通信の併用「通信コース

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

すべての授業(130時間の講義)を通信のみ( 自宅 ) で学習することはできません。なぜなら実技の学習があるから。実技は必ず学ぶ施設に通学し講義を受けることが必須になっています。

※ よく初任者研修で「通信講座コース」と書かれているのは「通学+通信」を併用しているコースのことです。すべてのカリキュラムを通信( 自宅 )学習できるものではありません。

 

介護職員初任者研修の通信(オンライン)学習について

ここ重要厚生労働省より、受講者の負担を減らし受講しやすいように学習カリキュラムの130時間のうち各科目ごとの上限を超えない範囲で最大「40.5時間」については通信学習を実施することができます。

※ 介護員養成研修の取扱細則について - 厚生労働省より

 

では、初任者研修を通信(自宅)で実施できる「各科目と時間数」の詳細を確認しましょう。

学習内容 時間数 通信で学習
できる上限時間
職務の理解 6 -
介護における尊厳の保持・自立支援 9 7.5
介護の基本 6 3
介護・福祉サービスの理解と医療の連携 9 7.5
介護におけるコミュニケーション技術 6 3
老化の理解 6 3
認知症の理解 6 3
障害の理解 3 1.5
こころとからだのしくみと生活支援 75 12
講義の振り返り 4 -
合計 130 40.5

例えば、「介護の基本」の科目は全6時間の学習が必要ですが、そのうち上限3時間は通信学習も可能というわけです。

 

 

介護士

自分が住んでいる地域を選び、住所など必要事項を記入するだけで複数の学校の資料を一括で取り寄せることができます。

大手の学校から地元にしかない小規模の学校まで揃っているので、学校選びに迷っているのなら活用してみてください。

このサイトから資料請求を行うことで、公式ホームページから申し込むよりも半額以上安くなることがあります。無理な営業もほとんどなく、初任者研修を安い費用で取りたい方に人気のサイトとなっています。

このページの先頭へ