【シニア必見】60代から介護職に再就職するための3つのポイント

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

 

60代から介護の仕事に就く方法

「親の介護が終わったから、介護の経験を生かして介護の仕事に就きたい…」「再就職には介護の仕事に就きたい…」といった理由で、60代以降に介護の仕事に就きたいと考える人はたくさんいます。

結論からお伝えすると、60代からでも介護の仕事に就くことは可能です。

なぜなら、介護業界は人材不足に苦しんでいます。介護業界で働く人材は、これからも不足することが明らかになっていて、2035年には約79万人も不足すると経済省より発表がありました。

人材不足から60代以降のシニアと呼ばれる世代の人でも積極的に採用を行っている施設も増えています。

60代の人がこれから介護の仕事に就くための具体的な方法をお伝えします。

60代で無資格、未経験でも大丈夫?

一般的に定年とされる60代になってから無資格、未経験で介護の仕事に就けるのか不安な人も多いと思います。

未経験でも介護職員初任者研修などの資格をもっておいたほうが有利であることはたしかです。

無資格の場合は、食事の準備や洗濯・掃除などの「生活援助」に該当する範囲の介護までしか行えません。

食事の補助・入浴補助・排泄補助など「身体介護」を行う場合は介護職員初任者研修以上の資格が必要となります。

60代で無資格、未経験から介護の仕事に就く場合は、まずは生活援助などのお手伝いの仕事をしながら、介護職員初任者研修の資格を取るケースが多いです。

60代からでも介護の仕事に就くメリット

介護業界は、他の業界と異なり65歳で定年となっている施設が多い傾向にあります。

他の業界では、定年前に給与が減ることがありますが、介護業界にはそれがほとんどありません。

そのため長く安定した収入を得る仕事に就けるという大きなメリットがあるのです。

また、利用者さんと年齢が近いことでコミュニケーションが取りやすくなるというメリットもあります。

若いスタッフには話せない相談事も60代であれば話してくれるということもあります。介護の仕事では年齢を重ねていることが武器になることもあるのです。

60代から介護職に就いた人の事例

在宅ケアサービスなど介護事業を営む株式会社ソラリスでは、60歳以上の介護スタッフは全体の17%だそうです。最高81歳のスタッフが働くというから驚きです。

60代から介護の仕事に就いた人って本当にいるの?と思っているかもしれません。そこで未経験で60代から介護職に就いた人がいるのか調べてみました。

調べてみた結果、60代以降の事例が少なかったので、50代の方も含めてご紹介します。

58歳男性:エンジニア
54歳男性:営業
56歳男性:通信技術メーカーでエンジニア
55歳女性:飲食店のホールスタッフ
60歳男性:システム開発のプロジェクトマネージャー

職業のところは前職です。介護と全く関係ない業界から転職していることがお分かりいただけるかと思います。

60代が介護職に再就職するための3つのポイント

体力に自信がある

介護の仕事は力仕事が多いです。そのため力仕事をこなすだけの体力がないと続けられません。

また、腰痛持ちの人は60代になってから介護の仕事に就くことは厳しいでしょう。

健康で体力に自信のある人であれば、60代でも採用してもらえる可能性は高くなります。

コミュニケーション能力がある

採用する側の人の話を聞いたところ、60代以上の人は面接のときに自分ことばかりを話したり傲慢な人もいるそうです。

そのため60代以上の人を採用したいけれど、なかなか採用できないという状況があるとのことです。

介護の仕事は自分ひとりで成立しません。利用者さんや同僚や上司などコミュニケーション能力を必要とします。

「報連相」など仕事を進めるうえで最低限のコミュニケーション能力がないと採用は難しいでしょう。

介護職員初任者研修を取得する

介護職員初任者研修は、介護の資格の中でも基礎となる部分の知識を有する資格で、昔のホームヘルパー2級に該当します。

求人を見ても、介護職員初任者研修を取得していたほうが募集できる求人が多いため、取得しておいたほうが有利になります。

介護職員初任者研修の講座を開催しているスクールや社会福祉団体の多くが、資格取得者の就業サポートを行っています。つまり、自分たちの運営する施設で働くスタッフを育成するために介護職員初任者研修講座を開催している場合も多いのです。

ですので、まず介護職員初任者研修を取得するところからスタートしたほうが、無資格で仕事を探すよりも介護の仕事に就ける可能性が高くなります。

介護士

住所など必要事項を記入するだけで複数のスクールの資料を一括で取り寄せることができます。

働きながら通える夜間や土日コースを開催しているスクールを探している方は、ぜひ活用してみてください。

このサイトから資料請求を行うことで、公式ホームページから申し込むより半額以上安くなることがあります。初任者研修を安い費用で取りたい方に人気のサイトとなっています。

このページの先頭へ