親の介護は突然やってくる…

親の介護は突然始まる。今のうちに介護の準備をしませんか?

 

親の介護は突然始まる。今のうちに介護の準備をしませんか?

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

親の介護が突然に始まったとしても、しっかりと準備していれば恐れることはないです。何をどうすればいいのか?情報もないから不安に思うのです。備えあれば患いなしです。

このページでは?誰の身にも起こりうるであろう「親の介護」ですが、いざという時のために準備している人はほとんどいない。まずはどのような行動をすればいいのか当記事で徹底解説します。

 

親の介護は突然始まる。決して他人事ではありません。

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

総務省によると、年間の救急搬送は約600万人。そのうち60%が高齢者年間約360万人、毎年最多更新が続いてる状況です。

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

あなたにもこのような心配事ありませんか?

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

親が倒れて入院しました。介護だったり、今後どうすれば?

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

入院生活が終わるけど、自宅に帰って大丈夫かな? 私、介護をする自信もない。会社はどうしよう…。

 

このように親の介護は決して他人事ではありません。介護は突然に始まり、さまざまな不安や悩みがあると思います。しかし焦らずに1つ1つ問題を解決していくことが重要です。

 

不安や悩みはあって当たり前。1人で悩まなくても大丈夫です。

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

まず知っておくべきこと市区町村には介護への不安や介護サービスの申請などについて相談できる窓口があります。その窓口が「地域包括支援センター」です。

 

 

当記事では、地域包括支援センターはどんな施設? どんな相談ができるの?など、すぐに利用できる情報をお伝えします!

 

もしあなたが「誰かに親の介護について相談したい」と悩んでいるなら、ぜひ最後までこのページを読んでください。きっと不安なことが解決できるはずです。

 

介護職員初任者研修の費用を安くする方法とは?費用を0円にすることも可能

 

 

介護の相談ができる「地域包括支援センター」とはどんな施設? どこにあるの?

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

地域包括支援センターは介護への不安や介護サービスの申請などについて相談できる窓口。社会福祉士やケアマネージャーの専門家が介護の相談にのってくれます。

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

介護について、どんな相談ができるの?

例えば以下のような相談ができます。( 一例です )

  • 1人暮らしの親が心配です。自宅でも介護はできますか?
  • 介護保険とはどんなものですか?
  • どんな介護サービスがあるの?それは誰でも利用できますか?

 

親の介護という、いまの日常にはない生活パターンが加わると少しずつ精神的にも疲れ」が出始めます。介護を続けるため、また自分の心と体を少しでも楽にするため、まずは地域包括支援センターへ相談することをおすすめします。

 

場所は?地域包括支援センターは住所ごとに管轄があります。【厚生労働省】全国の地域包括支援センターの一覧をぜひご覧ください。要介護認定の申請をして、介護サービスの開始・介護内容を充実させるための情報を集めてもらいましょう。

 

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

ここ重要65歳以上で介護サービスを利用するには「介護認定の申請」が必要。介護認定は市区町村の役所窓口または、地域包括支援センターで申請できます。申請に必要な書類は窓口で確認してください。

 

 

介護サービスを利用するには「介護認定の申請」が必要

 

介護サービスを利用するため、要介護認定を申請する基準は「65歳以上で原因を問わず介護が必要になったとき」です。

要介護認定を申請すると、市区町村などの介護認定調査員が自宅や病院に訪問し、要介護者の心身の状態を確認します。その後、医師に意見書を依頼します。

最終的に、介護認定審査会において要介護度の判定が行われ「非該当」「要支援1~2」「要介護1~5」の8段階に振り分けられます。

区分 要介護度の目安
要介護5

入浴や食事、排泄など、全面的な介護が必要。ほぼ寝たきり状態。

要介護4

日常生活全般に介護が必要。移動や立つことが1人ではできない状態。

要介護3

日常生活、移動や立つことに一部介助が必要な状態。

要介護2

日常生活、移動に何らかの介助が必要な状態。

要介護1

日常生活に問題はなし。しかし何らかの介助や見守りが必要な状態。

要支援2

日常生活の一部に介助や見守りを必要とし、改善の見込みがある。

要支援1

日常生活に問題はなし。何らかの介助や見守りを必要とし、改善の見込みが高い。

非該当(自立)

日常生活において介護や支援の必要がない。

 

 

気になる親の介護費用はどれくらい? 経済的な支援はあるの?

 

平成30年度のアンケートによれば実際にかかる介護費用の月額は平均7~8万円。

介護サービスとは別に、経済的な支援(手当)の制度を申請する場合は、地域包括支援センターではなく市区町村にある「介護保険課窓口」へ行く必要があります。

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

では国や市区町村には、具体的にどのような手当支援制度があるのでしょうか?

 

  • 特別障害者手当
  • 紙おむつの支給
  • 電車やバスなどの割引
  • 詐欺等被害防止機器の貸出
  • 介護保険負担限度額認定(介護保険施設の居住費・食費の軽減)
  • 介護手当(※ 総称)などなど。

※ 上記は一例です。

 

このように「特別障害者手当」や「介護手当」などさまざまな手当や制度があります。介護の支援内容や金額は、要介護者がどの市区町村に住んでいるかによって異なります。この機会にぜひお住まいの市区町村のホームページを調べてみることをおすすめします。

 

 

介護の経済的な支援制度や手当でもっとも重要なのは「介護手当」

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

介護の経済的な支援制度の中も、特に重要なのが介護手当です。

すべての市区町村ではないですが、介護をする家族への直接的な経済支援としてお金の支援もしているところがあります。

※ 介護手当は支援金額が少ない市区町村で毎月2,000~3,000円、多い市区町村では毎月3~4万円もの金額を支給しています。支給には要件もありますので必ず確認してください。

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

結論1つ1つは小さな金額かもしれません。しかし面倒がらずに該当するものはすべて利用して、確実に介護費用を削減しましょう。

 

 

介護手当などの申請はすべて自己責任

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

現状、各種介護手当等の申請はすべて自己責任となっています。

 

  • 65歳以上だから介護手当の申請はいかがですか?
  • 親御様が高齢なので、介護の準備しませんか? などなど。

 

残念ながら、このような声かけは役所・地域包括支援センターなどでも行っていません。ですので、市区町村の各種介護サービスを見逃さないように自分でチェックする必要があります。

 

介護生活は正直しんどいです。

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

時間に追われることもありますし、精神的に余裕がなくなるときもあるでしょう。

やはり家族介護者に必要なことは金銭的な余裕自分の時間がしっかり確保されることだと思います。

金銭的・精神的・肉体的に無理を続けると、結果、最悪なケースになってしまうことも少なくありません。

できる限り、余裕を持って親の介護ができる基盤を強化しましょう。頼れる・相談できる場所はありますので、1人で悩みを抱えることだけはやめましょう。

 

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

まず知っておくべきこと市区町村には介護への不安や介護サービスの申請などについて相談できる窓口があります。その窓口が「地域包括支援センター」です。

申請の種類 申請先
1. 介護認定の申請

介護認定は市区町村の役所窓口または、地域包括支援センターで申請。申請に必要な書類は窓口で確認してください。

地域包括支援センターは住所ごとに管轄がある。【厚生労働省】全国の地域包括支援センターの一覧

2. 経済的な支援(手当)制度の申請

市区町村にある「介護保険課窓口」で申請。

 

 

親を自宅で介護する?親の住まいは前もって考えておくと後々、楽

 

あなたにもこんな悩みはありませんか?

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

日常生活は問題ないけど、親が高齢なので転倒とか何かあったら心配。

高齢の親が1人暮らしだから、やっぱり同居したほうがいいのかな?

親が退院したけど、入院生活が長かったから足腰が弱っちゃって…。自宅に戻っても大丈夫か心配。

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

このように各家庭によって事情もさまざま。後々、親の住まいは真剣に考えなくてはなりません。

高齢者介護施設に入所を検討した方がよい場合もあれば、親の希望で自宅で介護する場合もあるでしょう。また、日常生活には問題がなくても住宅をバリアフリー化にしたり、福祉用具( 車いすなど ) の準備も必要です。

また、一番重要なポイントは近くに介護できる家族がいるかどうか。いない場合はどうするのか、なるべく早く家族で話し合っておきたいものです。

 

 

介護施設の特徴は知っておいて損はしない

 

現時点で日常生活に問題がなくても、高齢の夫婦だけで住んでいる場合は「老々介護」になることから、介護施設を選択するケースもあります。

他にも、最初は親を呼び寄せて一緒に暮らしたけど、現役世代と高齢者では生活のペースが異なるため、お互いに気を使ってしまうなんてことも。

また、高齢者になると住み慣れた土地や環境にいたいと思うのも当然ではないでしょうか。

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

最終的には、親が望む生き方を理解し、親と子が納得のいく選択をすることが重要。

その為にも選択肢は多く用意する必要があり、自宅での介護とあわせて介護施設の入所も検討しておくべきでしょう。

 

 

どんな介護施設があるの? 探し方は?

 

介護が必要になったから介護施設に入所するというケースだけではない。

高齢でひとり暮らしや子供が遠方にいるという不安から施設へ入所を決める方も少なくないです。

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

しかし、介護施設と一口に言ってもさまざまな種類がある。

もちろん費用面でも、介護施設の種類によって大きな違いがあります。また、一見同じような種類の施設でも入所金や月額費用にも幅があるので、施設のサイトやパンフレットをよく見比べましょう。

 

では、費用も比較的安い「介護保険施設」の種類をご紹介します。

介護保険施設の主な経営母体は「地方公共団体」「社会福祉法人・医療法人」など。この中でも入所待ちになることが多いのは「特養」で、常時介護が必要な高齢者が入所します。

施設の種類 特徴 月額費用
特別養護老人ホーム

通称「特養」と呼ばれる施設。要介護3以上の高齢者のための介護施設。特に人気で入所待ちになること多い。

5~15万

介護老人保健施設

要介護高齢者にリハビリなどを提供し在宅復帰を目指す介護施設。

5~17万

介護療養型医療施設

医療の必要な要介護高齢者のための長期療養施設。

5~18万

 

この他にもグループホームや介護付き有料老人ホームなどの民間介護施設も多くあり、月額費用は介護保険施設よりも数万円高くなるところもあります。

 

 

どうやって介護施設を探すの? 選ぶときの条件は?

 

いままでは家族で在宅介護をしてきたけど、急な入院で足腰が弱まってしまい在宅介護に限界を感じてしまうことも多いです。そんな時、考えるべきは介護施設への入所。

しかし数えきれない介護老人ホームの中から、予算内で家族が納得する介護施設を探すのは正直、至難の業です。もちろん、介護保険施設も検討したほうがいいですが、人気のために入所待ちになることも多い。

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

ここ重要とにかく早いうちから介護施設への入所も検討し、いろいろ比較検討しておくことは重要。

多くの人は、介護施設への入所を急ぐあまりインターネットで予算内に収まる施設を探し、資料を請求しただけで施設見学もしないまま入所を決めてしまうケースが多い。これは典型的な失敗するパターンです。

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

でも何を重視して介護施設を選べばいいの?

介護施設選びで重視すべきポイントは以下の通り。

  • サービス内容に基づく適正な価格
  • 介護サービスの質・技術
  • 介護スタッフさんの対応 ( 施設見学で確認 )
  • 医療体制の充実
  • サポート体制や食事・入浴・排泄などの介助体制

 

月額費用など、金銭面はもちろんですが、介護サービスの質や技術は近年、重視する人がかなり多くなっています。

 

介護職員初任者研修の資格取得で損する人、しない人

でも「介護サービスの質や技術」なんて素人に分かるの?と思ったかもしれません。

 

ですので、介護施設に見学したら必ず以下の「質問・チェック」をしましょう!

  • 介護スタッフの研修はどんなことをしているんですか? また皆さん、介護資格はお持ちなんですか?
  • 次に人員構成・配置も重要です。昼間は人手がいても夜間は人手が極端に少なくなる施設もあります。
  • また、介護設備も重要。台所やトイレの衛生状態は?清掃はしっかりしているのか、などなど。

 

最初から全てのポイントを確認するのは難しいかもしれませんが、何ヶ所か施設見学に行けば徐々に慣れて、見るべきポイントも確認できるようになるでしょう。

介護施設は急いで決めるものではありません。ゆっくり家族と話し合って決めたいものですね。

 

 

このページの先頭へ